酒房 灘

酒房 灘

神戸の銘酒をさらに旨くさせる料理と笑顔がそろう酒房

神戸地で長きに渡って慕われてきたわけ。

神戸さんちかの誕生と同時に創業。開業より50年近くお酒好きに愛され続けてきた大衆居酒屋です。現在三宮を中心に2店舗を展開。開店当初は、「酒房 灘」オリジナルで製造してもらった1合瓶が当時は珍しく、ちょうどいい量と注文しやすさが話題となり、人気店となりました。店内には灘の地酒がずらりと並び、剣菱、白鶴、白鹿、菊正宗、白鷹など、有名酒造の人気銘柄を楽しめます。最近では、ランチメニューが登場したことで、女性たちにも認知度が高まり、今まで男性中心だった客層の中に、女性客の姿も見られるようになってきました。


旨い銘酒を引き立てる肴は。
看板メニューは、関西風のあっさりおでん。牛すじ(250円)、大根(170円)玉子(130円)の定番タネの他、くじらのコロ(500円)など珍しいタネも常に用意しています。(さんちか店・さんプラザ店のみ)その他にも、注文を聞いてから揚げる熱々の串カツ(110円)や焼き鳥(180円~)、美肌にいいと評判の冬季限定販売 粕汁(400円)など、酒の旨みをさらに引き立てる絶品料理が多数揃っています。ランチ終了後の15時~18時には、おでん2品またはミニ串2本+ビール1杯がついた550円の灘五郷(なだ55)セット(さんプラザ店のみ)が大好評で、買い物帰りや途中の小腹休めにご利用するお客様も増えています。

 


人気の理由に名物女将の呼び声が高いと聞いたのですが。

神戸の銘酒を求めて訪れる人はもちろんのこと、その人柄を慕われている名物女将を目当てに訪れています。お客様の顔色や気分に合わせてお酒や料理を勧めるなど、そのうれしい心遣いにファンも多数。まるでお母さんのような女将に会いたくて、相談話をするために訪れる人もいるなど、このお店に無くてはならない存在の店長です。(さんプラザ店)

 


あいさつと笑顔を絶やさない店

「まいど、おおきに」と笑顔いっぱいで発せられる言葉は、お客様に気持ちよく帰っていただき、また、来ていただけるよう心を込めた挨拶の言葉です。
来てよかったと思っていただくため、店内の雰囲気は活気と明るさでいっぱいにしています。まさに「ほっこりお帰り」をコンセプトにしたホッと一息くつろげるお店です。


酒房 灘 さんちか店

〒650-0021 兵庫県神戸市中央区三宮町1-10-1 さんちか味ののれん街
TEL.078-391-5559
営業時間:10:30~21:30
休業日:第3水曜 ・1/1

MAP


酒房 灘 さんプラザ店

〒650-0021 兵庫県神戸市中央区三宮町1-8-1 さんプラザB1F
TEL.078-391-1541
営業時間:11:00~21:30

MAP


認証・登録番号0003736
【エコアクション21とは?】

Page Top